病気

<通院記録>先生が満足していて・・・特に何もなし!「このまま続けましょう」

投稿日:2019-01-23 更新日:

おはようございます。 えんけです。

休み明け。
今日はちゃんと寝たぞ!

0時ちょいには寝るモードに入って 6時の目覚ましの少し前に自力で起きた。
夜中に目覚めた記憶もないし、私にしてはしっかり寝た感じがあるな。

でも なんだか身体が疲れ気味・・・

気怠いんだけど動けない程では無いし フツーに仕事行くべ。

スポンサーリンク

本日の朝イチ血糖値は高いよ!
151mg/dL

恒例の 病院後の油断!
もう昨日のうちからパン食べたい宣言をしていた通り 食ったよ!!
あぁ 食ったさ。

もうずっと避けていたあんこバターパン。
ミルクフランスと なんとかスコーン。

生地みっちりだし甘い系。
食べちまった・・・

病院での結果が悪くなかったし 意識した油断(?)ちゃんと分かってて食べましたのでカンベン。

今日からまた節制しますから!!

久々にガッツリ甘いパンで食後の血糖値が上がってる感がひどかった。
なんか怖くて就寝前血糖値は測らなかったんだけど その割にはぶっ飛びすぎてなかったからセーフかな。



さて、昨日の病院の話をしましょうかね!
相変わらずアイキャッチでネタバレしてますが・・・A1cは7.1%
先月は7.0%でしたので ま、変わらずといったところ。

でも先生的にはハナマルだそうです。

今月のA1c


診察室に入るやいなや「こんにちは。何か変わったことは?」

「特にないです」

終了。

「自己管理ノートを見た限りバラつきも大きくないし いま困ったことがないならこの調子で良いです」

「じゃあ それで」

2度目の終了。

テキトーとかなげやりとかじゃなくて 本当に問題ない、むしろ順調すぎるので言うことがない。って感じ。
昨日の先生ははすごく嬉しそうだったよ。
嬉しそうっていうか感心しているっていうか・・・よく頑張ってますね!って感じ。

そうなんだ。

私的には血糖値は結構バラついてると思ったんだけど 先生はあくまでも"1型糖尿病患者"として問題ないって事でね。
だって 1型人だもん。
スパイクも起こるし 訳わかんないのに血糖値が上がったり下がったりしちゃうわけだし、そんな中でここまでコントロールできているのは立派!少なくとも先生の患者さんの中では最優秀クラスだそうな。

・・・そ、そうなんだ。



ま、とにかくそんな訳で こんな感じで良いみたいです。

他に昨日話したことは・・・
どんな話の流れだったか・・また「私本当に1型なのかい!?」話になった。

コントロールがうまくいってることから「うまくいってるようだね。グラルギンの量もちょうど良さそうだ」ってところから これからどんどん・・というかジワジワ悪くなっていくんであろうことが予想される話しぶり。

私も安易に「悪くなってきたらグラルギン増量で対処?」なんて聞いてしまったもんだから
「増量っていうか 膵臓の老化(劣化?寿命?)でインスリン分泌も減っていくわけだから少しでも負担をかけないようにグラルギンを打つんだ!」みたいな返答。

だ・か・ら 要するにグラルギン増量じゃね?

・・・でも そういうことか。
膵臓も働けば働くほど疲れていくわけだし、ごく微量でもまだインスリンを分泌してくれているんだからこれ以上悪くならないようにグラルギンだのアピドラだの打って 膵臓さんの負担を減らしてあげれば 完全枯渇への道もゆっくりになる可能性も無きにしも非ず。というったところか・・・

「でもいずれ 膵臓は死んでいくんでしょ? だって発症当時はグラルギン10単位だったけど いま12単位にしてるしね。すでに進行中なってことよね」

と ここでCペプチド最近はかったっけ? と。

発症当時の2年半前は1.0でその1年後は2.0にUPしているのだ。
もうこれ、最初っから健常者さんでもあり得る数字なんだよ。
なのに1型って変じゃね?

と、またここに戻ってきてしまうのだ。



「私はもう1型だって認めているつもりなんだけど・・・Cペプチドで健常者さん並みってなると やっぱりうたがっちゃうんですけどぉ・・・」からの抗GAD抗体のお話。

最初の病院から紹介状なしで飛び込んできたから記録は残ってないんだけど 聞いた記憶はしっかり残っているので それは伝えてある。
32U/mL

すんごい人はもっと高い数値をたたき出しているみたいだけど 陽性は陽性。
数値が高かったからといって重症って訳でも進行が早いって訳でもないようなのだ。

1型糖尿病の判断基準で抗GAD抗体が陽性と出たら 一直線にSPIDDMと判定されるフロー図見たことあるし・・・
もちろん私はその他にも1型を示唆している状態ばかりだったから ま、間違いないんだろうけど、唯一 Cペプチドだけが健常者さんクラスなので往生際が悪いのだ(;^_^A

もう先生もメンドーなのか 業界的には常識なのか「ギャドが陽性だからね」って。
・・・これ"ギャド"って呼ぶの?
こうじーえーでぃーこうたい だと思ってた。

なんか先生うさん臭いぞ!!って思っちゃった(;^_^A
グーグル先生にも聞いてみたんだけどそんな呼び方は無い・・・

やっと見つけたのが糖尿病用語集で"anti-GAD antibody"
"アンチ・ギャド" って事でいいんかな?

と、同でもいい事が気になってしまったのだ。
あ・・・話が脱線してしまったが、とにかく私は1型糖尿病なのだ。

「Cペプチドが健常者さん並みなのに なんで1型なの?」って問うたつもりだったんだけど ちょっと論点がズレた「抗GAD抗体が陽性だから」で終了。
ま、これがゆるぎない事実なんでしょうな。



で、次回の予約。
次回は採血やるから 火曜日の看護師さんが良いのだ。
昨日もいたよ!

私は極度の人混み嫌いだし、ここは病院。病気は感染されたくない。
混んでるときは しれっと外で待っているのだ。

昨日はなかなか混んでた。
熱測って体温計を受付に出してる人がいて・・・インフルエンザとかいやだよ。

しばらくは受付前に立っていたんだけど 患者さんが入ってきて受付の人に「じゃ熱測っておいてください」って体温計渡されて、座るところが無いから 私のすぐ隣に・・・ひぃぃ・・・

失礼とは思うんだけど あなたが嫌いっていうか病原菌を避けたいのだ。
ということでしれっと外で待機。

いつもの看護師さん、分かってらっしゃる。
私が待合室にいないと分かればすぐに外まで呼びに来てくれる。

ったくメンドーな患者だ。



だから、火曜日の看護師さんがいい!
ということで2月も とある火曜日にお願いしたんだけどまたお昼前の遅い時間に指定された。
「できればもうちょっと早い時間が良いんだけど・・・」
正直に言ってみたんだけど「早い時間は混んでるんだよね・・・えんけさんは難しいから時間取っておきたいんだ」

!?難しい・・・だと!

なによ、メンドーな患者かよ・・・
ってショックで一瞬フリーズしちゃったんだけど たぶん意味違う。
1型糖尿病は難しいからいろいろ判断したり 状況聞いたりで場合によってはサクっと終われないこともある可能性が大。って意味だと思うんだ。

さすがに患者本人の前で「あんた面倒だぁ」とは言わないだろうし(;^ω^)

どっちも私の勝手な推測だけど・・・良い方で考えてみると ちゃんと患者に向き合う良い先生やん!って思えるね。
ちょっと嬉しかったよ。



今回の病院も相変わらず特になし。
インスリン単位も現状維持で。

A1cは7.1%とそこまで良いとは思えないんだけど 先生がミョーに満足してたから いっか。
私的にはギリギリでもいいから まずは6%台をキープできるようにしたいな。

・・・「今日だけ」とか言ってパン食べちゃっているうちは無理やな。

ま、いつだって意気込むだことは悪い事ではない。
言い続ければいつかきっと実行に移しているさ(意識しろよ!)

過去の通院記録はこちら
 ↓ ↓
<通院記録>




昨日の夜に市販の白髪染めやったのだ。
メッチャ頭がカユイ!!

やっぱりもうダメなんだな。
以前はぜんぜん平気で急に痒くなるようになったから いろいろ薬剤を変えてみたけど しっかり染まる系はどれもダメだ。

白髪染めのアレルギーは一度発症したら治らないって言うし これからどうしよ・・・

酷い人は顔まで爛れてくるって言うし まだ頭皮や耳だけでおさまっているから 今後を考えねば・・・

んもう!せっかく持病の方はまぁまぁだったのにね。

 
いつも応援 ありがとうございます。
ポチっとして頂けると幸いです。
   ↓        ↓
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ 

ブログ内に公開されない えんけ宛メールは以下からどうぞ。
注意事項がございますので お読みくださいますようお願いいたします。

えんけ宛てメールはこちら


こんな記事もオススメです

-病気

Copyright© HYPER KETONE MODE 突入 , 2019 All Rights Reserved.