病気

≪糖質OFFアドバイザーへの道≫雑学も終わり そろそろ本格的な内容に入ってきたかな?

投稿日:2018-12-26 更新日:

おはようございます。 えんけです。

通常運行の朝カフェです中です!
今日は ちょっと悩んだ挙句に予定を入れた。

すんごい久しぶりの縮毛矯正。

去年の6月以来・・・もう1年半前なのね。
縮毛矯正専門店で、個人経営って訳じゃないけどスタイリストさんは1人で いつも貸し切り状態だった。
スタイリストさんと出身地が同じってことや 家族(主に母親)の事とか共通の話も多くて 施術もバッチリで気に入ってたんだけど その年の12月に行こうと思ったら 前の月にスタイリストさんが退職されて、お店自体はまだあって、たまにオーナーさんが来て施術するって状態だった。

あのスタイリストさんだから行きたかったんだよな・・・
と、月日は過ぎ、毎日ヘアアイロンでごまかしてたんだけど もう限界だ。

この縮毛矯正専門店の本店みたいなところが我が街にあるので、今回はそこで予約したのだ。

ちゃんとスタイリングすればそこまで気にならないんだけど 緩いうねりのくせに どんなにアイロンで伸ばしても湿気とかですぐにまた変にうねりだす厄介な髪なのでね。

気分転換にもなるしさ。

スポンサーリンク

本日の朝イチ血糖値は89mg/dL
上出来です。

昨日の就寝前は110mg/dL
就寝中下げも大きくなかったので良かった。

昨日はクリスマス"当日"でしたが・・・我が食卓はいつもと変わらず。
成城石井でチーズタッカルビがお値引きされていたので これで。
チキン丸ごと1個とか・・・たいして気にしてないんだけど"インスタ映え"ってやつ?
ネタとしても良いし、糖質も低いだろうから すごくそそられたんだけど・・・約2000円

ちと高いな。

悩んだ挙句 いつものチーズタッカルビですわ。

ま、いつもと変わらない方が血糖値も安定するだろうし、いろいろ考えるのが面倒だったので!

はい、つまらない人間。



今日も ほぼいつも通りに6時ちょいに起きたんだけど なんかダラダラしてて危うく血糖値を測り忘れるとことだった。
ちょっと時間が経ってちゃんと測定。
それが今日の朝イチ。

昨日尾の夜ご飯のタイミングが少し早かったので朝はそれなりに空腹。
いつもより朝食っぽいカフェにしよう。
ということで上島珈琲に来てみた。

ちょっと出遅れたけど 良さげな席は空いていたのでin
いつものコールスローサンドです。

181226 朝カフェ

食前は測るのが面倒なので朝イチを参考に。
栄養成分表が無いのは難しいけど・・・なんとなくでアピドラ6単位にしてみた。

焼いたほうが美味しい!
・・・はずなんだけど 今日のは表面はこんがりしてるけど 中身が冷たい。
届いてすぐに食べ始めたんだけど 表面の見た目と違って 最初っから温い。

一口かじって なんかトマトっぽい味がしたから「あれ?トマト入ってたっけな・・・」とそっちに気を取られてしまい 何口か食べている途中で「あれ?中身冷た!」って気付いた。
ま、温めなくても食べられるものなので 今日はカンベンしてやろう。

ハーフで飲み物付けて460円。
フルだと550円。

90円でもう1個食べられるのか・・・
ハーフじゃ足りないこともあるので だったらフルで頼んだ方が断然お得なんだけど こちとら糖質を受け入れない身体なもんで・・・

身体のためにこれからもハーフで我慢かな。



ちょっと糖質OFFアドバイザー資格についてお話しましょう。
テキストを読み進めていきました。

最初は 糖質制限とは?とか、実は糖質制限って昔っからあったんだよーとか、江部先生とかアトキンス氏の名前が出てきたり雑学っぽい感じでしたが、そんなにページ数も多くなくあっという間に読み終え、基礎講座に突入いたしました。

まずは糖質と血液・病気の関係性から
・血糖値スパイクとは?
・糖尿病との関係とは?
・アルツハイマー型認知症との関係とは?
この3つを学びます。

血糖値スパイクについて。
言わずもがな 血糖値が急激に上下することですよね。
我ら1型人はインスリンの自己分泌が極貧ですから 食事とインスリン注射のタイミングにより起こる事が多いと思いますが 健常者さんは自動機能が備わっていてそれ以外にマニュアル操作ができませんので スパイクが起こる原因としては大量の糖質摂取からか。
なので糖質を制限し、血糖値を上げないようにするのが良い。

ちょっと悲しいな・・・と思ったのは
「血糖値スパイクは血糖値をコントロールする代謝システムが弱っている証拠」
だと。

えぇ、弱っているどころか私は瀕死です・・・
ってか ほぼ機能していないので 下げることも出来ないですから インスリン注射を打たなければ 高血糖にはなりますがスパイクは起きないということですよね。(屁理屈)

さすが1型人は一般的にいう糖尿病セオリー通りにはいきませんぜ。



糖尿病との関係とは?
これも言わずもがなですわ。

糖質を摂ると血糖値が上がる。
下げるためにインスリンが分泌されるけど 糖質を大量摂取すると膵臓が疲弊して機能が低下。
インスリンが分泌されにくくなり 血糖値が下がらず高血糖になる。
すなわち糖尿病。

「インスリンによる血糖値コントロールが破綻すると糖尿病を発症する」
と ありますが なんかざっくりしてんな。

そもそも糖尿病の定義ってなんなんだろう。
高血糖が続くこと?
血糖値スパイクが起こること?
定義されてい血糖値がる空腹時126mg/dL 食後200mg/dL(と、記載)を超えること?

インスリンの分泌量はC-ペプチド調べてみないとわからないから 置いといて・・・
ま、この辺が正解なんだろうけど ほんの一時的にこういう状態になることもあるみたいですからね。

なんかすごく雑に安易に「糖尿病」を乱用されているような気がするな。

というのは インスリン分泌がほぼできなくなってしまった 正真正銘「糖尿病」患者の感想。
病気を発症してから2年半が経過し、そこそこ知識をつけ、実体験もしていると 机上の空論(ちゃんと研究して事実に基づいているんだろうけど)言葉だけを素直に受け取ることができなくなってくるな。

体験してないやつになにが分かるねん!!って。
・・・ちょっと話がずれてる。

はい、お得意の僻み妬み嫉みだな。



そして アルツハイマー型認知症との関係性
これは知識不足。
イマイチ理解していなかったことだ。

まず アルツハイマー型認知症の原因として、アミロイドβという特殊なたんぱく質が脳細胞に蓄積する過程で脳の萎縮が起こるためだとされているそうです。

体内にはインスリンを分解する「インスリン分解酵素」が存在してて、こいつはアミロイドβも分解する作用がある。
血中のインスリン濃度が高いとそれを率先して分解してしまうため糖質を摂りすぎず インスリンの分泌を減らすのが良い。と。
(ほんのり言い回しは変えております)

ん?言葉だと ちょっと分かりにくい。
文章の下にサイクル図があって それで理解した。

要するに
脳を萎縮をさせるアミロイドβはブッ壊しておきたいのだが、それをしてくれるのはインスリンさん。
でも血中の糖濃度が高いとインスリンさんは糖のお世話に夢中になっちゃってスルーしたアミロイドβが脳に溜まって よからぬことが起こりかねない。

ということだ。
・・かえって分かりにくくなった?

私的には なるほどなー。(アイギス風)
あくまで「リスクが高まる」って事で これがすべての発症原因という訳ではないでしょうが、気になる内容。
インスリンさんはアルツハイマー型認知症の発症原因にもなりえるアミロイドβもやっつけてくれていたのだ。

低糖質な食事だからインスリンの節約!って「このくらいならノーインスリンでいけるっしょ?」なんてやってましたが ちょっとでも打っておいた方が良いのかしら? と思わせる内容だった。

それぞれ1ページ分ずつでザックリ内容なのは否めないが 最後のアルツハイマー型認知症との関係性については知らなかったので これは為になった!

気になったらもっと調べることもできるしね。



糖質OFFアドバイザーへの道。
今のところはこういう感じでございます。

まずは なぜ糖質オフする必要性があるのか、身体の仕組みのお勉強ですね。

知らないことも出てきたけど ここまではもう実体験で分かっていることも多いので 復習みたいになることも多く すんなり頭に入ってきますね。

ただ読むだけじゃなくて こうやって文章に書くことによって さらに強くインプットされるわ。

よし、この調子で頑張ろう。

----------

さて今日は お昼過ぎから美容院だけど それまではヒマだな。
ちなみに美容院は・・・4時間かかるのだ。
長丁場になるので 昼寝でもしておくか。

トイレに行きたくならないように直前のコーヒーは控えよう。

では。

 
いつも応援 ありがとうございます。
ポチっとして頂けると幸いです。
   ↓        ↓
にほんブログ村 病気ブログ 1型糖尿病(小児糖尿病)へ 

ブログ内に公開されない えんけ宛メールは以下からどうぞ。
注意事項がございますので お読みくださいますようお願いいたします。

えんけ宛てメールはこちら


こんな記事もオススメです

-病気

Copyright© HYPER KETONE MODE 突入 , 2019 All Rights Reserved.